「実稼働性」なら復縁工作の費用を抑えられる


できれば費用を抑えたいけど復縁工作を行う業者の料金システムは、業界内でも決まった形がないので、一般の方は非常にわかりにくいです。パターンとしてはだいたいの費用がわかるかもしれませんが、それとは別に、それぞれの業者によってプランを独自に用意していることもあるので、思っていた以上に高額な料金を請求されることもあります。「復縁はしたいけど、できるだけ費用は抑えたい」と誰もが思うでしょうが、料金を節約すれば成功率は下がってしまします。稼働した分だけ支払う「実稼働制」それでも、できることなら少しでも料金を抑えたい、と思うのが消費者の心理でしょう。

「必要最低限の費用しか払えない」「安いプランがあればそれにしたい」「無駄な費用はかけたくない」という人におすすめなのが、「実稼働制」という料金システムです。復縁工作の費用は、依頼者が求める内容や、その復縁が成功するまでに必要な期間によって、料金が決められることがほとんどですが、実稼働性は、工作員がどれだけ稼働したかによって料金が決まるのです。でも、稼働した度にお金を支払うわけではなく、事前にまとまったお金を支払い、稼働した回数でその金額では足りなくなった際に、追加で支払うことになります。また、依頼が終了してお金が余っていたら、その分は返金されるシステムです。

実稼働制はお得?復縁工作は、数か月で成果が出れば良いのですが、なかなか復縁が進まないケースも多く、さらに工作期間を延長することもあり、その延長分の料金を支払わないといけなくなります。そのような料金の支払いシステムよりも、実稼働制が少しお得だと言えるのは、何か月か契約していても、ターゲットに近づく頻度を調整できるものではないからです。工作活動の間に、うまくターゲットと会うことができなくて、計画通りにならないこともあります。また、作戦としてわざと一定の期間会わないでおくこともあります。このように、復縁工作では、料金がそれほど必要にならない期間もあるのに、その期間もお金が発生してしまうのです。

その点、実稼働制は、工作員が動いた分の費用しか必要ありませんし、依頼者もどんなことにお金が使われているのか把握しやすいので、それもメリットの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です