『復縁工作にかかる費用で注意するべきポイント』


取り戻したい相手がいて、復縁工作を業者に依頼するのなら対価を用意しておかなければなりません。復縁工作にかかる費用は高額になりがちですが、依頼する際に気をつけるポイントはあるのでしょうか?

■追加費用に要注意

普通、復縁工作料金は難易度ごとに提示されています。プランも各種あり、数ヶ月など一定の期間の工作プランや一回ごとに工作内容を調整していくプランなどがあります。
あまり自分で動かず、業者におまかせしたい場合は一定期間を買い取るパックが便利です。工作員からの報告を反映させ、調整していきたい場合はその都度料金が発生するプランを選択するとよいでしょう。
さて、工作を進めるうちに業者から追加費用を求められることがあります。工作にかかる費用はさまざまですが、依頼者からの資金提供が尽きると工作が打ち止めになってしまうので注意が必要です。
追加費用は大変重要な項目で、契約しだいでは追加料金がかさんでしまいます。いつ、いくらぐらい支払えばよいのかは、契約する前によく確認しておきましょう。その際は口頭ではなく文書で説明してもらうことが大切です。もし何かあったとき、言った言わないの水掛け論になるのを避けるためです。

■必ず合意してからサインしましょう

復縁工作の契約書は数種類あります。以下の3点が揃っているかチェックするとよいでしょう。

・重要事項説明書
・契約書
・利用目的確認書

いずれの書類も内容が詳細まで書かれているとベストですが、十分でないと感じたら業者に細かく質問をして確認をしていくと役に立ちます。
もし業者の説明不足でトラブルになった際、契約した時点で十分な説明を受けていたことにされてしまうケースがたまにあるためです。費用などの重要項目は必ず裏を取り、お互いに合意してから契約書にサインをしましょう。
また、契約書の文面と実際の復縁工作が異なる場合も業者と連絡をとるべきです。依頼した業者のことを疑ってかかるのもよくないですが、疑問があればぶつけるのがお互いのためです。
特に費用についてはもめやすいポイントなので、納得できてから契約しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です