復縁工作の依頼の途中での迷い


迷いや疑問が生じたら…復縁工作を専門の業者に依頼すると、多少なりとも疑問が生じたり、自分自身の想いや考え方に対しても迷ったりすることがあるでしょう。復縁工作に対して疑問に思うことがあったら、すぐに業者に聞いたり確認したりすることが大切で、その疑問や不安も解消され、安心して工作を任せることができるはずです。でも、中には、自分で復縁工作を依頼したのに、途中でその依頼が本当に自分や相手にとって正しいことなのか、さまざまな迷いが出てきてしまう人もいます。

そのような人は、後ろめたさを感じたり、自分が嫌いになったりしてしまって、誰かに助けてもらいたい気分に陥ってしまうこともあるようです。そんな状況では、工作員によって順調に復縁に向けて進めていても、心がついていけません。復縁工作は悪いこと?復縁工作とは、「人の感情を強制的にコントロールしてしまうもの」と思っている人はいませんか?そのように捉えていると、「相手に悪いことをしているのでは」と心もとない気持ちが生じてくるのです。

しかし、復縁工作とは、工作員によってターゲットが考えていることを聞き出して、復縁を考えてもらうきっかけを作りだし、依頼者との過去を見直し、新しい未来を作り出す環境を整える役割を果たすのです。具体的に言うと、2人の仲が悪化してしまった原因が、ちょっとした誤解だったりすれ違いだったりで、それらが蓄積されて簡単には元に戻せなくなってしまった関係を、工作員によって少しずつ取り戻していくのです。

「もうちょっとちゃんと話を聞けば良かった」「自分勝手な行動をしていたかもしれない」「しっかりと話し合えばこんなことにならなかったかもしれない」と、相手も依頼者との関係を考え直す方向へもっていくのが工作員なのです。1人で悩まないでこのように、復縁工作を依頼することは、決して後ろめたいことではなく、復縁の可能性を広げるための手段と考えると良いでしょう。「本当にこの復縁は正しいのか」と迷った時には、その想いを業者に伝えましょう。

きっと、心のどこかでつっかえていたことが解消されるはずです。その迷いを業者が解決してくれない場合は、他の業者に相談するのも1つの手段です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です