復縁工作を依頼したら契約書をチェック


契約書の内容を必ず確認復縁工作を依頼したら、必ず契約内容を確認しないといけません。契約の場で、細かく書かれた契約書の内容を全て読み、1つ1つ理解するのは難しいかもしれません。契約した後からでも良いので、契約書にどんなことが書かれているか確認しておく必要があります。復縁工作の契約書で特にチェックして欲しいことは、追加料金や工作の進め方、報告の方法などで、すでに工作が進んでいる場合は、契約書通りに進めているかこまめに確認しましょう。中には、契約書に書かれていることと、実際には都合の良いように進めている業者もあるので、ちょっとおかしいなと思ったら指摘することが大切です。

また、復縁工作を契約する時に、必要なのは契約書だけではありません。契約書のほかに、「重要事項説明書」と「利用目的確認書」が必要になります。これらの書類が1つでも用意されていない場合は、ちゃんと確認しないといけません。これらがない場合は、復縁工作で行われる調査や尾行などが、十分に行われない可能性もあります。トラブルにならないためにもう1つよく確認して欲しいことは、“契約解除”に関する事柄が書かれているところです。「このような場合は、契約破棄になります」「契約を継続することはできません」など、契約解除につながる内容がかかれた部分があるので、必ずそこもしっかりと読んで頭に入れておかないといけません。

契約書に記載されたことを破った場合は、復縁したいと強く願っても頼んでも、業者はそれ以上工作を続けることはできなくなります。しかし、契約した時から把握しているはずの決まり事なので、どれだけ嘆いても守らないといけなかったことなのです。もし、業者が「違法なことは絶対に行いません」と最初に約束しても、後から「工作の流れでこれくらいは仕方ない」「バレなければ大丈夫」などと無責任なことを言ってきたら、依頼者は信用できなくなりますよね?それと同じで、依頼者も決まりは絶対に守らないといけないのです。依頼者は契約書の内容を読んで十分に理解し、業者も依頼者も決まりを厳守すれば、トラブルになることもないでしょう。どちらも勝手な行動をとらないように気を付けてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です