「復縁工作はプロに依頼したほうが結果を出せる」


・振ったほうが主導権を握りがち好きな相手に振られてしまうと、いつまでも気持ちが残ってしまうものです。付き合っていたなら、なおさらではないでしょうか。振られた後も気持ちに整理がつかず、相手のことを思い続けている人もいることでしょう。いつかは自分のところに帰ってきてくれると、信じたいですものね。しかし、相手にとってはそれが重荷に感じてしまい、逆効果になってしまうこともあります。振ったほうの気持ちにしてみると、いつまでたっても振られたほうが自分に未練があると思ってしまうものです。

まだ自分に未練があると思っている間は、相手の気持ちが重く感じ、逃げ出したくなってしまいます。別れた相手と復縁を求めるなら、まずは相手に気持ちがないことを見せなければなりません。やり直すにしても主導権は自分にあるという気持ちを、なくさせることが大切です。もし、相手にお願いをして復縁することができたとしても、今までどおりの付き合い方と何も変わらないので、また同じところでつまずいてしまい、別れを迎えることも考えられます。復縁した後も長く付き合い続けたいと思うなら、別れた後に未練がましい態度を見せるのは厳禁です。

とはいえ、別れてから時間が経つと、他に好きな人ができたり、新しく恋人ができるかもと不安に感じてあせってしまいがちです。新しく恋人ができたとしても復縁は可能ですが、一人ではなかなか復縁工作をすることは難しいといえます。

・ずっと付き合いたいなら復縁工作に頼もう復縁したいなら、復縁工作のプロに依頼するのがおススメです。やり直すだけでなく、その後の付き合い方も踏まえた上で復縁工作を行ってくれるので、復縁した後の心配ごとも減らすことができます。工作員は別れた相手と接触するとともに、親密になっていくことで相手の気持ちを引きだしていきます。依頼者と別れた相手との気持ちに対する温度差を確かめながら、少しずつ相手と距離を縮めていきます。相手から信頼を得ることができると、そこから依頼者と連絡をとったり、会うことができるように、工作をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です