復縁工作を依頼した側の心得


業者に復縁工作の契約をしたあと、依頼者は業者に任せっきりにするのではなく、協力することも不可欠です。そして、自身の行動にも気を付けましょう。
依頼者と業者との信頼関係は、復縁工作成功の大きなカギとなります。
双方が密に連絡を取り合い協力しながら作戦を進めていきますが、業者は経験豊富なプロです。プランを立てるにも、情報収集にも、相手に接触する方法も、それまでのさまざまな経験をもとに、プロならではの細かい計算や配慮を施しながら慎重に進めていきます。
相手に接触できて、時間をかけて本音が話せるような関係になったら、業者は相手の心の動きを見極めて、次のステップに進みます。そこには微妙な心の駆け引きも必要になるでしょう。
当然、依頼者にもそこまでに至ったプロセスの報告やアドバイスをします。
しかし、依頼者がアドバイスを無視して、自分の勝手な判断で先走った行動をとってしまうと、うまくいくものもいかなくなってしまう場合があります。
時期尚早なのに、勝手に相手に接触したがために逆効果となり、相手に心を閉ざされて周囲の人間もシャットアウトされかねません。

依頼中は、「早く復縁したい!」という気持ちが募り、つい焦ってしまって後先考えない行動に出てしまいがちです。しかし、実際の行動はプロの業者に任せて、直接接触できる時期を待つことが大切になります。復縁には焦りは禁物、そして忍耐が必要です。
業者を信頼して、アドバイスを素直に聞いて、依頼者はじっと待ちましょう。
そして別れた原因を振り返り、反省し、冷静に自分を見つめて、いざ相手と接触できる時に相手にふさわしい人間になっていられるかを考えてみましょう。
待っている間に、業者のアドバイスに従って自分を変える努力をすることがとても大切です。
相手に接触することができて、さらに復縁を成功させるには、相手に見直してもらえる人間になっていることが大きなポイントになります。
業者に復縁工作を依頼している間は、ちょうど良い時期を待つ忍耐と、自分を変える努力が大切だということを肝に銘じておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です