『復縁工作の依頼をするなら気をつけるべき、「焦り」と「冷静さ」』


■悲しい別れから取れる行動二つ

愛し合っていた相手、大切だと思っていた相手との別れ……本当に悲しいですよね。そうなってしまった場合、取れる選択肢は大まかに言って二つで、一つが辛いけれど、キツイけれど「忘れる・諦める」ということ。もう一つが、「関係の修復を目指す」つまり「復縁を望む」ということだと思います。復縁を望む、と言っても、その相手との間に友人や知人などの協力者がいればまだ違いますが、そういった関係の人がいない場合や、自分一人では到底復縁を目指すのは難しい、という状況の方もいることと思います。そうなった場合の選択肢として、「復縁屋に復縁工作を依頼する」というものがあります。このコラムで、その復縁屋に復縁工作を依頼する際に気をつけるべきポイントについて、説明したいと思います。

■復縁工作を依頼する上で何より大事なのが

復縁屋へ復縁工作を依頼する際に気をつけるべきなのが、「冷静であること」です。復縁を望む場合、どうしても「早くせねば!」と焦りを持ってしまうものです。例えば、「早くしないと、相手に新しい恋人ができてしまう!」という不安や、「自分への気持ちがどんどんなくなってしまう!」という恐怖をどうしても抱いてしまい、その思いが、「一刻も早くしないといけない」という焦りになってしまいます。ですが、どうしても焦ってしまうからこそ、冷静になることに気を付けてください。冷静になって復縁屋を選ばないと、やたらと高い料金を要求されても、その焦りから考えもせずに契約してしまうこともありますし、対応が悪くてあまり自分とは合わないと思っている業者でも契約してしまう、なんていうことも起こってしまいます。また、そうしたこともそうですが、復縁工作を担当してくれる人の様々な話も冷静に聞くようにしましょう。復縁工作をする上で、親身になってくれたり、誠実に対応してくれる担当の人であるなら、「こういったことは気を付けた方がいい」や「こういう考え方を持たなきゃ」のようなアドバイスをくれることがあります。そうした親切心から向けられるアドバイスを、自分に反映させ、実際に行動に移すには何はともあれ冷静な心を持って聞くことが必須ですからね。

■まとめ

こうしたことから、復縁工作を依頼する際には、冷静さを持つようにしてください。焦ってしまう気持ち、わかります。わかりますが、どうか頭を冷やして、行動や判断をしてください。難しいことは承知でこの言葉を使いますが、「焦らず急ぎましょう」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です