「別れさせ屋で成功した人は後悔することがないのか」


別れさせ屋が行っているのは、ターゲットと別れさせることです。本来、夫婦やカップルが別れる別れないという問題は、当人間で決めなければなりません。そこに第三者が介入し、別れるように仕向けるのは、ある種反則技とも言えるかもしれません。
もし別れさせ屋に工作を依頼し、成功した場合、依頼人はそのことに対して後悔することはないのでしょうか。

<工作の時点でためらう人も多い>

別れさせ屋では、依頼人から相談を受け、その後調査をし、工作を仕掛ける、という流れで対応しています。誰しもが、相談をしている段階や、調査結果を聞く段階では、依頼する気でいることが多いようです。しかし、いざ工作を仕掛けるという時になると、ためらう人も多いようです。
その理由の一つに、罪悪感を覚えるからです。別れさせ屋を利用してまで、別れたい、あるいは別れさせたいということが、本当に正しいことなのか、自分の良心との戦いになります。また、ターゲットには工作員が近づき、親密な関係になっていきます。その工程を見守っていることも、辛いと感じる人もいるのかもしれません。
また、本当に別れさせることができるのかどうか不安になる、という人もいます。高い費用を払っても成功するとは限らない、本当にちゃんと工作してくれるのか不安である。そう感じた時に、ためらってしまうケースも珍しくないようです。

<成功したら後悔はあまりない?>

工作の時点でためらう人は、そこで引き返す人もいらっしゃいます。しかし、最後まで依頼をした人は、もう腹をくくっています。あとは成功するかどうかを見守るだけです。成功すれば、嬉しい限りであり、後悔する人はほとんどいません。別れさせ屋の口コミなどを見ても、成功したことへの喜びを語っている人が多数見られます。
別れさせ屋に依頼するということは、費用の面でも、そして心理面でも非常に負担を負っています。だからこそ、成功した時は、何事にも変えがたい喜びになるのかもしれません。
これから先、別れさせ屋に相談するかもしれないという人もいるでしょう。でも成功した後に後悔しないかどうかで悩む必要はないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です