復縁工作は本当に相手を大切に思うときにこそ依頼しよう


○復縁工作を行うべきケースとは復縁工作は、その名前のとおり、一度は別れを選んでしまったふたりがもう一度交際しはじめられるようにサポート・誘導するための仕事です。「一度振られてしまったけれど、あの人以外の恋人は考えられない」という未練を残したままでいるケースや、「一度は振ってしまったけれど、やっぱりあの人が一番良い人だった」とあとから思い直すケースなど、それぞれに抱える事情は違ってもいまだ元恋人のことを好きで、もう一度やり直したいと本気で考えているという部分は依頼人に共通しているポイントです。逆にいえば、本気で相手のことを好きではないのに復縁工作を依頼しても意味がない、ということでもあります。振られてプライドが傷ついたからという理由でまた相手を振り向かせたいと考えているだけなら、復縁工作を依頼すべきではないといえます。また、元恋人がすでにほかの異性と結婚し幸せに暮らしているという場合にも、今から復縁工作をする意味はないでしょう。相手を大切に思えばこそ、相手の幸せをわざわざ壊してまで復縁してものちのちまで自分が苦しむことになるからです。業者によっては、このようなケースの場合依頼を受けるのを本契約前に断るというところもあります。復縁工作業者の最終的な目標は「カップルを復縁させる」ことですが、その目的は「依頼者を幸せにする」ということです。依頼者が幸せになれない選択は、復縁工作業者からしても本意ではないのです。

○気持ちのない復縁工作は成功しにくいそもそも、元恋人が自分にとって大切な人である、今でも好きであるという大前提がなければ、復縁工作がうまくいく可能性はかなり低くなってしまいます。復縁するためには工作員の活動だけではなく依頼者本人の努力も肝要です。不純な気持ちからの復縁工作依頼では、自分自身が一生懸命努力するということができません。相手を大切に思うからこそ自分の欠点や失敗にも目を向けて改善していくことができますし、その結果より魅力的な存在として元恋人の前に立てるのです。そういった意味でも、気持ちのない復縁工作依頼は失敗する可能性も高く、お金や時間の無駄になることも多いのでおすすめできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です