復縁工作中にやってはいけない行動


復縁工作をしている最中に、「自分でも何かできることがあるはず」と勝手に行動してしまう方もいます。元カノ(元彼)や元妻(元夫)に連絡してしまったり、何かしらプレゼントを用意してしまったり、最悪の場合尾行などのストーカー行為に走る人もいます。それらは全て成功率を下げてしまうことになります。しっかり注意して行動したいものですよね。

img003

成功率を下げてしまう

■自分から連絡してしまうこと相手から連絡があった場合は良いものの、自分から執拗にメールを送ってしまったり、電話してしまったりする方も多いです。それらの行動に関しては、別れた後はNGだと言えるでしょう。相手は基本的に冷静になりたいと考えているので、自分だけの時間を作ろうと必死になっています。そんな時、別れた相手から連絡が来たら、正直引くことの方が多いです。それでは復縁どころではないし、逆に成功率を下げてしまうことになります。

自分よがりな行動はしない

■会いに行くことこれは完全にアウトな行動だと言えます。復縁工作をしている間は、気持ちがつい高ぶってしまって、「会いに行こうかな」と思ってしまう方もいます。せっかく復縁工作業者が話を進めていても、それによって全てぶち壊しになってしまうこともあります。会いに行くことは、逆に相手をさらに遠のけてしまうことにも繋がるので、復縁業者の指示に従うようにしましょう。復縁の成功率を高めるためには、極力自分よがりな行動はしないことが重要となるのです。

誰かに言うことはしない

■復縁工作していることを暴露してしまうことまれなパターンですが、復縁工作を利用している方の中には、復縁工作していることを途中で暴露してしまうことがあります。それは本人にはもちろん、その本人の周りの友人に言うことも避けておいた方が良いです。人はどこで繋がっているかわからないので、当然友人のうわさ話が広がっていけば、本人が耳にしてしまうこともあるワケです。本人に知らせるのはもちろん、知人や友人に復縁工作していると言ってしまうのもNGです。いかに裏で行動するかが重要となるので、気持ちが高ぶったとしても、誰かに言うことはしないことが鉄則となります。その点は復縁業者と相談して決めていきましょう。

復縁工作の成功率をグッと上げるためには(他サイト)