復縁工作の成功率など数字だけで判断するのは危険


数字は上手に操作することができるその先に確かな結果があるかわからなくても、なんとかわらにもすがる想いで復縁を手伝ってくれるという専門家に依頼するという方もあると思います。一方で、冷静に考えてみると復縁工作は成功率が高くなければ多くのお金を失ってしまう可能性があるということで、慎重に依頼するかどうかを検討することになるケースもあると思います。確かに、せっかく依頼したのに「ダメでした」ということではがっかりしてしまうので、依頼するからには結果を出してほしいものです。

できることを挙げるならば、数字を出している会社を探して、そこに依頼するという方法があります。でも念頭においてほしい点もあります。もしある会社が「復縁工作の成功率」を売りにして集客しているとしたら、もしかしたらその数字は偽りではないものの、上手に操作されている可能性があるということです。定期義的に考えて成功とはどんなものなのか、どのような案件に対しての成功なのか、その基準が明確にしてされている場合はまだいいとしても、単純に「これだけの成功率です」と言われているだけでは心配になります。

実績のある会社なら、どの程度の成功をしているか数字で示すというよりは、「いったん引き受けたものについては必ず結果を出します」というスタンスで臨んでくれるに違いありません。「できます」と言ってくれるかどうかが肝心相手の立場から見ると、つまり請け負ってくれる可能性のある会社からすると、すべての依頼を受け付けるわけではなく、難しい案件については正直に説明して引き受けないこともあるようです。つまりは、「任せてください」というときには、どんなことがあっても成功しますという心強い宣言ということになります。

復縁工作を行うプロの側の目線に立っても、成功しなければ成功報酬を受け取ることができません。また成功しなければ、今後の仕事の依頼にも影響が出てくるかもしれません。結論ですが、復縁を扱ってくれる業者を数字だけで評価するべきではありません。確認を怠らず、身をゆだねていいところなのか、絶対に有言実行してくれるのかどうかを確認して、「任せてください」と断言してくれるところに任せるようにしてください。そこまですれば、後は協力の要請があったら応じて、しっかりと様子を見守ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です