復縁工作の成功率は気にするな


これから、探偵社などに復縁工作を依頼しようとしている人は、事前に成功率を気にしてはいけません。なぜなら、成功率など自分には何の意味がないからです。人は、ことあるごとに数字にとらわれてしまう傾向があります。

ただ、確率は人を全体として見た時にだけ意味があるものであり、個々で行動する上では、何の役にも立ちません。復縁工作の成功率にも、決してとらわれてはいけないのです。<成功率が当てにならない理由>復縁工作の成功率を気にしてはいけない理由に、その数値が当てにならないことが挙げられます。

まず、成功率を公表しているところはほとんどありません。だから、もしどこかで成功率の情報があっても、出どころは分からなければ、実態とリンクしているのかも、確かめようがありません。また率というものは数字のマジックです。例えば成功率50%と書かれていれば、半分の確率で成功するのであれば、いちかばちかやってみようという気になります。

でも、例えばその会社が、今まで2件しか請け負ったことがなく、その内1件がたまたま成功したとしても、成功率は50%になります。こうした率を参考するためには、ある程度の母数は必要です。でも、何件中何件成功したか、といった具体的な情報は開示してくれません。ゆえに、成功率は全く当てにならないのです。<確率で図れることではない>もう一つの理由が、復縁工作は確率で図ることができないということです。

自分がやり直したい人と復縁する可能性は、誰にも分からないですし、パーセンテージで表すことなんてできません。例えば、自分が依頼しようとしている復縁屋が成功率50%だとしても、それは依頼してきた人の成功した割合であり、自分の案件の成功率が50%というわけではないのです。

あくまで自分の依頼は、まっさらな状態で見なければなりません。世間一般の成功率や、その会社の成功率は関係ありません。自分とその人の関係が重要であり、しっかりと状況を見極めていく必要があります。復縁工作を依頼する時に意識するのは、現実的に復縁できる可能性があるかどうかです。そこに一般的な成功率を絡めて考えることはしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です