復縁工作の成功率で一番大切なこと


業者と依頼者の協力が重要復縁工作を依頼して、その復縁の成功率を上げるために重要なことは、復縁工作を行う業者と依頼者が協力し合った体制が取れていることです。復縁工作は高い費用を支払って、少しずつ慎重に工作を続けて、依頼者の復縁が成功しそうな兆しが見えたのに、依頼者の勝手な行動によって、これまで積み重ねてきた準備が台無しになることもあります。復縁が実現した後も、同じことは考えられます。

依頼者のミスによる失敗の例としては、復縁工作を依頼した時の契約書を相手に見られてしまった、ほかの業者にも工作を依頼したことがある事実を黙っていた、などのことです。また、復縁工作がうまくいって恋人が戻ってきても、業者が依頼者に対して不満に感じた場合も、本当の成功とは言えないでしょう。成功とは、依頼者も業者も気持ちよく満足して終了した形だと思います。

業者の対応が悪かったり、誠意がなかったり、業者側に問題がある場合は仕方ないですが、腕の良い業者だと信頼しているのなら、依頼者もミスをしないように気を付ける必要があるのです。それでは、復縁の成功率を下げてしまう依頼者のミスとはどんなことでしょうか?依頼者のミス依頼者が復縁に関する情報を意図的に黙っていたり、ほかの業者で復縁工作を依頼したことを隠したりすると、復縁の障害や失敗につながります。

一度、工作を行って失敗したことがあるということは、ターゲットが警戒している可能性があるので、工作を依頼していることを気づかれやすく、再び失敗してしまいやすいのです。高額な費用が無駄にならないためにも、伝えることは恥ずかしからずに全て話すようにしましょう。依頼者が業者に対して「ちょっとおかしいな」と感じたら、注意した方が良いでしょう。例えば、相談の段階では親身になって聞いてくれたのに、お金を払ったら急に対応してくれなくなったり、業者に連絡しても返事が遅かったり、相談したことを把握できていなかったり、工作の途中で相談したいことがあっても、全く聞き入れてくれなかったりといったことです。

このような疑問を感じたら、業者にしっかり確認することが大切です。業者に対する疑問が解消されない場合は、その業者は怪しんだ方が良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です