復縁工作の成功率を左右するのは?


復縁工作は失敗することもある復縁工作の依頼を考えた時に気になるのは、復縁の「成功率」があると思います。高いお金をかけるのだから、必ず復縁を成功させたいと思うのは当然でしょう。復縁工作は特別な調査と情報収集を行って、緻密な工作によって、少しずつ復縁に導きます。しかし、案件によっては、復縁の成功率が低いものもあるので、うまく復縁できないこともあります。「復縁工作が失敗した」と言うと、復縁できなかったということを思い浮かべるでしょうが、復縁が失敗に終わったというのはいくつかケースがあるのです。

例えば、「復縁工作を依頼したことが相手にバレてしまった」「復縁できても、またすぐに別れてしまった」「工作を進めている途中に、相手に疑われた」「復縁途中だが、これ以上手法がない」「復縁できていないが、これ以上お金を費やすことができない」などです。全てを業者の責任にしない「途中でお金が支払えなくなった」というのは、復縁工作を依頼する前の相談の段階で、自分はどれだけ費用が出せるか話し合っておく必要があります。出せる費用が最初から少ない場合は、復縁の成功率は低くなります。でも、予算の限度を初めに伝えておけば、その範囲内でできる限りのことを考えてくれるでしょう。また、復縁工作に納得がいかなくて、工作の途中でやめてしまった、という話もよくあります。

復縁工作を行う業者はたくさんあり、その中には、信頼できない業者もあるので、だまされないように見極めることが大切です。しかし、復縁工作は初めにプランを決めても、予定通りにうまく進むことの方が難しいでしょう。逆に、意外と簡単に復縁が成功した方が、また簡単に別れてしまうことも多いです。そのため、依頼者側も、業者に任せるだけではなく、業者からの情報が良くも悪くも、全て受け入れることが大切なのです。不安や疑問はすぐに聞く業者の行動が気になるなら、途中でも今どんな工作を行っているか、料金が別に発生しないか、成功率はどれくらいかなど、依頼者から確認することも大切なのです。

このように、業者に対して不信感や不満が少しでもあったら、一方的にやめてしまわないで、業者に状況を聞きましょう。その不安が解消され、復縁の成功率を上げることにつながる可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です