「復縁工作の成功率をあげるのは自分次第」


相手の本音を見抜くこと別れた相手と復縁したいと思っても、相手と音信不通になっていると、復縁の成功率も下がるものです。相手に新しい恋人ができていると、なおさらかもしれませんね。別れる際に、他に好きな人ができたと告げられて、別れを納得せざるを得ないこともあります。別れてからすぐに新しい恋人ができたことを耳にすると、もしかして二股されていたのでは…と疑ってしまうこともあるでしょう。本当は復縁したい気持ちがあっても、すでに新しい恋人がいると、それが別れの原因だったのではと思うと、相手を許せない気持ちになってしまうこともあります。自分の気持ちに素直になれないと、復縁したいかどうかも分からなくなってしまうものです。

相手から好きな人ができたといわれて別れる場合、相手の真意がどこにあるか考えなくてはなりません。ただ別れたい一心で好きな相手もいないのに、他に好きな人ができたと伝えてくることもあります。同じ職場や学校であれば、他に好きな人ができたかどうかはすぐに分かるものですが、離れた環境で暮らしている場合、なかなか見抜けないものです。相手もそれを計算した上で、嘘をついている場合もあります。本当に好きな相手ができていなければ、復縁工作会社に依頼することで、復縁できる成功率もあがることでしょう。

新しい恋人がいても復縁は可能しかし、本当に好きな人がいたり、新しい恋人ができていた場合だとどうでしょう。復縁することは難しいのでしょうか。これまで付き合ってきた相手と別れたとき、誰でも心の中に大きな穴が開いてしまいます。いくら嫌いになった相手でも、別れた後はさみしさに襲われるものです。新しい恋人と付き合い始めたばかりのときは、嬉しい反面、これまで付き合った相手との違和感を覚え、物足りなく思えたり、不満を感じてしまうこともあります。工作員はそんなタイミングを見逃がしません。また、今はうまくいっていたとしても、復縁工作を行うことによって、相手の気持ちにも変化が表れます。あせらず長期的な工作をしていくことで、確実に復縁が可能になるように、工作員は仕掛けていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です