復縁工作の成功率を左右するもの~冷却期間の効果~


■復縁が難しいケースかどうかは別れの理由で決まる

別れたことを後悔していても自分1人では復縁が難しいと思っているケースの場合、費用の面や成功率が100%ではないことから復縁工作業者を利用するかどうか迷ってしまっている方も多いのではないかと思います。
復縁工作業者に依頼する前に、まずは、ご自分のケースが、復縁が難しいものに該当するかどうか確認してみてはいかがでしょうか?
一般的に以下のような状況で別れてしまった場合は、復縁が難しいと言われています。

1.別れの理由がどちらかの親の反対
2.別れの時に必要以上に相手を追いかけてしまって嫌われた
3.浮気が原因で信頼を失ってしまった
4.占い師など第三者の助言で別れてしまった
5.暴力が原因で別れてしまった

もし、別れた理由が上記のいずれかに当てはまってしまうなら自力での復縁は難しいため、復縁にはプロの助けを借りた方が良いかもしれません。

■冷却期間の効果

復縁が難しい別れ方をした場合の中には、一定の冷却期間を置くことで復縁の成功率がアップするケースもあります。
もし、別れの時に相手を必要以上に追いかけてしまって嫌われたのであれば、すぐに復縁工作を行ってしまうと逆効果になってしまう可能性がとても高くなります。相手の怒りを鎮めるためには、ある程度の冷却期間を置くことが大切です。冷却期間を設けることで相手が抱いてしまっている「嫌な感情」、「ネガティブな印象」を少しずつ取り除いていく効果が期待できます。もちろん自分自身の感情を落ち着け、別れの原因に向き合う時間にもなります。
冷却期間を設けることで、人は悪い思い出はなるべく思い出したくないという傾向にあるため時間の経過と共にそうした思い出を少しずつ忘れて行って、逆に良い思い出を美化してしまうようになると言われています。
また、冷却時間を設けることで、その期間に自分磨きを行っておくことも成功率アップに繋がりますので、有効に時間を使われることをオススメします。
復縁工作が上手く行って会う機会を得ることができたときに、以前よりも良い方向に変わっていれば復縁の成功率もグンとアップすることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です