復縁工作の成功率が下がる要因とは?


復縁工作の成功率は全体的に見て低く、失敗するケースがほとんどです。
工作を始める前に、明らかに成功率は低くなることがわかっているパターンもあります。
それがわかれば、あきらめてすぐに依頼を取り下げると、無駄に高いお金を使わなくても済みます。

相手に嫌われたことが別れた原因であれば、復縁はかなり難しくなります。
依頼者に何らかの原因があるために嫌われたのだから、相手が依頼者に抱いている気持ちが、離れている間に好転している可能性はまずありません。つまり、嫌われたままだということです。
こういう場合は、復縁工作業者がいくら時間をかけて、さまざまな手法でアプローチをしても、相手の気持ちを180度変えることは困難になります。
嫌われた原因を、依頼者が努力して改善しても、相手が嫌悪感を持っている以上、接触することすらできない可能性があります。たとえ接触できたとしても、相手は嫌いという気持ちが先に立ち、気持ちがひるがえって再び愛情を持つことはないでしょう。

すでに新しい恋人が相手にいる場合も、復縁は困難です。まず別れさせることから始めないといけないので、業者は別れさせる方法を考える必要があります。
しかし、新しい恋人との関係が強く、深く愛し合っている場合には、どのような方法を使っても二人の間を裂くことは無理でしょう。
たとえ、うまく別れさせることができても、依頼者の元に再び戻ってくる可能性は低くなります。
新しい恋人がいることがわかったら、工作は徒労に終わることが多いので、業者は依頼を引き受けることをためらいます。

相手が遠い地域に住んでいるケースも、失敗することが多くなります。遠距離恋愛をしていたが別れてしまった場合や、別れたあとで相手が遠くに引っ越してしまった場合は、心も離れています。
どうしても復縁をしたいのなら、相手の近くに住むと良いでしょうが、それも現実的には無理でしょう。

依頼をする時点や調査を始めた時点で以上のことがわかれば、業者には成功率が低いことがわかります。あきらめるように依頼者を説得することが多いでしょう。
そのような場合は、依頼者はあきらめることが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です