『復縁工作の成功率を気にするよりも持つべき意識』


■復縁工作を依頼しようか、悩み考えている方へ

好き合っていた相手や愛し合っていた相手と別れを迎えることとなってしまった方の中には、復縁屋と呼ばれる復縁工作をしてくれる存在に依頼をしようかと悩み考えている方もいるでしょう。復縁を望むのは、それだけ相手のことを好きでいる、愛しているという気持ちがまだ強くあるのですから、当然の感情です。復縁屋に依頼することを考える方々にとっては、どれくらいの可能性で復縁ができるのかがかなり重要かつ重大な数字ですから、復縁工作の成功率を知りたいと思いこのコラムを見ているのではないでしょうか。そういった方向けに復縁工作の成功率、ご紹介します。

■復縁工作の成功率は常に「○○」

復縁屋に復縁工作を依頼した場合の成功率は、実は決して断言できないのです。一般的に、70%〜80%と言われてはいるのですが、復縁屋に依頼する際の意識として持っておくべきは、「復縁工作の成功率は、常に50:50(フィフティフィフティ)だ」というものです。なぜそうなってしまうかと言うと、依頼主一人ひとりによって、その別れてしまった相手との別れの原因、その時の状況、二人の関係性や絆、といった様々な要因がまるで違うからです。この人の復縁だったらある程度の確率は上がるかもしれないけれど、こっちの人だったら結構な苦労を要して確率を上げなければいけない、ということはザラにあります。こうした理由から、復縁工作の成功率は一概に言うことはできず、また復縁するための意識や意志、行動力によっても復縁できる確率というのは変わってしまいますから、「成功率は、常に半々くらい」という意識と、そこから「だから、自分でも努力しなければ」という意識を持つことが成功率を上げることに繋がるのです。そうしたことからも、復縁屋に復縁工作を依頼すればそれでもう大丈夫だ、という考え方ではいけませんし、良心的な復縁屋の人たちからはこの二つの意識を持つようにアドバイスされるものです。成功率を数字としてキッチリと出してほしい気持ちはわかりますが、誰かと誰かの関係性や感情は常に変わってしまいますので、その気持ちを飲み込んで、先ほどの二つの意識を持つようにするのが復縁のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です