不倫の相談を電話でしたい場合は?


■ 不倫問題は浮気とは大違い

不倫は夫婦間の裏切り行為に該当します。
未婚のカップルと違って、婚姻関係を結んでいる夫婦には法的な義務が発生しますから、離婚調停で不貞行為の証拠が突き出されれば不倫をした側の立場が弱くなります。
不倫をしたことについての慰謝料の請求、子供がいた場合の養育費の請求など、多額のお金を払わなければならなくなるケースも少なくありません。
その点で未婚のカップル同士の浮気とは状況が大きく異なります。
もし不倫問題についてすでに悩んでいる場合、司法が絡んだ最悪の事態も想像しておかなければならないでしょう。
不倫で悩んでいる人の多くは既婚者の男性と不倫している未婚女性という声があります。 その場合、不倫問題を解決するには相手の既婚者が配偶者と離婚する、自分が不倫をやめるの二つに一つを選択することになるでしょう。
既婚者が配偶者と離婚をする道を選ぶのは先ほどもご紹介したように金銭的な負担がかかります。ですから家庭を捨ててまで不倫関係を止めようとする既婚者はあまり多くありません。
そのため未婚女性がずるずると不倫関係を続けてしまい、不倫が泥沼化してしまうことがよくあります。

■専門家に相談しましょう

このように未婚女性が不倫関係について悩んでいる場合、弱い立場に置かれがちです。
そもそも不倫はいけない行為なのですが、既婚者が婚活パーティーに紛れ込んでいたり、既婚者であることを隠してアプローチしてくるケースは珍しくないのです。
不倫は確かにすすめられた行為ではありませんが、そのことで自分を不利な状況に追い込むことはありません。困っていたら専門家に相談するのがよいでしょう。
不倫について電話相談できるサービスがいくつかあります。不倫は恋愛のひとつですから気持ちを断ち切るのが大切です。今の関係を止めたいのであれば恋愛カウンセラーなどに電話相談するとアドバイスをくれます。
すでに不倫関係が発覚していて、相手側に訴えられてしまう可能性がある場合は弁護士に電話します。
最初は法律相談という形で話し合い、必要であれば法的な知識を借りて不倫問題が解決されるような手順を踏みます。
不倫について専門家に電話相談するとお金はかかりますが、 相談だけなら料金はそれほど高くありません。参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です