不倫が離婚のきっかけになるケース


■不倫されたら離婚しますか?

不倫は一種の裏切り行為です。配偶者の不倫が発覚したら不貞行為として離婚の理由になります。
不倫について悩んでいる人には既婚者と不倫している未婚女性が多いのですが、夫が未婚女性と不倫をしていることについて悩んでいる妻も少なからず存在します。
不倫の終わりは既婚者が離婚するか、もしくは不倫関係自体を終わらせるかのどちらかです。もし妻の立場に立ったとして、夫に不倫されたらすぐに離婚できるものなのでしょうか?
ある既婚女性の話によると、 夫が不倫をしているとわかっても、なかなか離婚には踏み切れなかったといいます。
不倫する側は不倫していたという証拠をつかまれたくありません。離婚までは想像しなくても、不倫している証拠が出れば今後の関係に支障が出るのが目に見えているからです。
ですから直感では夫の不倫に気づいていても、そもそも浮気の証拠をつかみきれずグレーゾーンで曖昧な状況に甘んじることも少なくないようです。

■ 生活の保障があれば離婚を選ぶケースも

かなりの確率で不倫していると思われる配偶者のことを、心から信用できる人はいないでしょう。ですから不倫の証拠がなくても、すぐには離婚しようと思わなくてもそうした疑いがあれば夫婦関係は冷えきります。
必要最低限の事務的な言葉を交わし、食事だけを用意するような関係が続いたあと、この女性は老後もこうした関係をキープするのは嫌だと思いました。
それから離婚について動き出したそうです。
しかし夫に不倫されているとわかっても、すぐに離婚できない妻も多いそうです。育児などで多忙な暮らしをしている中、子供の学費なども捻出するには夫の協力が必要です。
不倫は離婚のきっかけにはなりますが、本当に離婚するには離婚される側の生活の保障がある程度成り立っているのが条件になるようです。
ですからもし不倫相手が妻と別れることを望むのなら、妻の生活が成り立つよう元夫に慰謝料や子供の養育費を支払ってもらう必要があるでしょう。
請求は不倫相手にも求められる場合があります。
このように不倫関係が発覚したら、それがきっかけで離婚に至るとしても心理的にも金銭的にも大きなダメージを受けます。覚えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です