離婚を決意するのは妻と夫のどっち?


■妻が離婚を望むケースが多い

昨今では熟年離婚という言葉が流行したほど、離婚件数が増えているといいます。
夫婦が離婚する場合、どちらかが結婚生活を維持できないと思って離婚を申し立てるわけですが、妻と夫ではどちらが離婚を望むと思いますか?
実は妻の方が夫よりも離婚を決意するのが多い傾向にあるようです。その理由をご紹介します。
まず多いのは性格の不一致です。金銭感覚や子育てに関する意識の食い違いなどが離婚の原因になるでしょう。
次に多いのは夫からのDVです。直接的な暴力のほかにも、生活費を渡さないなどの経済的な DV、 暴言を吐いたり友人と遊ぶことを異常なまでに禁止したりするといった精神的な DVを訴える人が多いようです。
3番目に多いのが異性関係の理由です。主に夫がほかの女性と不倫しているというケースが該当します。 不倫は不貞行為ですから、性格の不一致などと同じく離婚する理由になります。
妻がこれらの問題に日常的に悩まされ、ストレスによって子供に精神的な疾患が見られたり自分がケガをしてしまったりすると、離婚を決意するケースが多いのだそうです。

■夫が離婚を望む理由は?

ご紹介したように離婚を望むのは妻側が多いのですが、夫が離婚を希望する理由はどういったものなのでしょうか?
最も多いのはやはり性格の不一致です。将来に対する考え方、子供の育て方など結婚してから性格の不一致が発覚するケースも少なくありません。
長く結婚生活を送るなら一緒にいられる相手との方が好ましいですから、どうしてもといった場合は離婚を考えるようです。
次に多いのは異性関係で、どちらかの不倫が原因でしょう。
夫が離婚を希望する理由に妻のDVもありますが、精神的なDVであるモラルハラスメントを 訴える人がいます。男性と同じく身体的な暴力でなくても DVとみなされるのです。
夫が離婚を望む理由のうち特徴的なものは異常性格です。妻のヒステリーに対応できず離婚を申し出る人がいます。
また、妻が同居に応じないことを理由に離婚を決意する人も見られます。夫婦間というよりも家同士のつながりを重視している男性が多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です