不倫で離婚するリスクとは?


■やり直しを希望する夫が多い

配偶者の不倫がきっかけで離婚を決意する人がいます。相談で多いのは既婚者の夫が未婚女性と不倫しているケースです。
未婚女性が既婚者と結婚するために妻と別れてほしいと望むことはありますが、男性側はあくまでも障害のある恋愛を楽しみたいだけなので、本気で離婚を決意するケースはさほどないそうです。
男性が不倫をする理由として妻が子供につきっきりである、性的な魅力を感じなくなった、仕事がうまくいかず自信がなくなったなどが挙げられています。
これらの問題を抱えていても家庭は成り立ちますから、妻に物足りなさを感じてもそれを理由に離婚をしようという夫はあまりいないはずです。
ですから不倫が発覚してもすぐに離婚をせず、やり直しを求める夫が多いと言われています。
そのため夫の不倫が許せない場合、妻が積極的に離婚について考えなければならないケースが多いようです。
もし夫の不倫が原因で離婚したい気持ちになったら、不倫の証拠を集めてから追及するとうまくいきやすいです。

■不倫で離婚したらどうなる?

もし不倫が原因で離婚を決意した場合、どのような事態が考えられるのでしょうか?まず夫としては家庭を壊してまで不倫相手に尽くすつもりはないですから、離婚すると言われてもなかなか首を縦には振らないでしょう。
不倫をした夫が離婚に同意すると支払わなければならない慰謝料が増額されます。不貞行為が原因の離婚であれば、性格の不一致などで離婚する場合よりも多くのお金が請求されるのです。
子供がいる場合は養育費も払わなければなりませんし、状況によっては不倫相手の女性にも何らかの請求がいく可能性があります。
女性が離婚に踏み切れない理由のひとつに、生活の保障があります。離婚しても生きていける、子供を育てられるという確信がある程度なければ離婚を申し立てられないのです。
そのため、離婚には多額のお金がかかります。不倫にはそうした結末もあるのです。
妻に物足りなさを感じて軽い気持ちで不倫した結果、妻と不倫相手の女性の両方を不幸にし、自分も家庭や財産を失ってしまう。最悪なケースもあると肝に銘じておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です