妻(夫)が離婚を決意する理由


恋愛電話相談に助けを求めてくる人の中には、「突然、妻(夫)から離婚を切り出された」という相談を持ちかけてくる人もいます。言われた側は、突然の出来事でパニックになってしまいますが、切り出した側は、急に思い立ったわけではなく、長い間考えて出した答えであることが多いようです。
ここでは、離婚を決意した実際の理由をまとめるので、これまでの結婚生活の中で、思い当たる節がないか、よく考えてみてください。

●妻が離婚を決意する理由

女性と男性では、離婚を考える時の理由が、少し違っているようです。まずは、妻の理由について取り上げます。

・性格が合わない

離婚理由の中で、昔から変わらず多いのが、“性格の不一致”です。決定的な理由はなく、相手に特別な落ち度があるわけではないけど、なんとなく一緒にいるのが苦痛…という状況でしょう。
付き合っていた頃は、「自分と気が合って、とても良い人」と思っていても、一緒に暮らしてみると、これまで知らなかった嫌な部分や許せない部分も出てきて、ストレスとなることもあります。

特に、女性の場合、子どもが生まれてから夫と合わないと感じることが多いようです。1人の女性から“母”として、「子どもを守り、しっかりと育てないといけない!」という意識が強くなります。そのため、夫から子育てについて口出しされたり、意見がぶつかったりすると、「これから一緒に子どもを育てていくのが不安…」と離婚を考えるようになるのです。

・気遣いが足りない

女性は、毎日家事をこなさないといけません。特に、子どもが小さいうちは、付きっきりで面倒を見ないといけないので、なかなか外出することができないでしょう。たまには、家事や育児から解放されたいと思い夫に頼んでも、それを許してもらえなかったら「男は簡単に1人の時間をつくれるのに!」と不満を抱くでしょう。そして、「夫と別れれば、もっと自由な時間がつくれるはず」と離婚を考える女性もいます。

その他にも、夫の不倫、暴力、浪費癖などに悩み、耐えられなくなって、離婚を決意するケースも多いです。

●夫が離婚を決意する理由

次は、夫側が離婚を決意する時についてです。

・性格の不一致

夫側も、“性格の不一致”は離婚を決意する大きな理由のようです。食事の取り方、休日の過ごし方、家事への意識などについて、意見の食い違いによって口論になり、「一緒にいるのが苦痛…」と思うようになるのです。

・セックスレス

女性よりも男性の方が性的欲求は強いと言われています。しかし、結婚して子どもが生まれると、女性は家事や育児で忙しく、夫と2人の時間は後回しにし、性的欲求も減ってくるようです。男性の欲求は変わらないので、セックスレスは大きな問題になり、不倫や離婚につながることもあります。

・妻の不倫

夫が離婚を考える理由としても、妻の不倫があります。この問題は男女関係なく、大きなショックを与えるものです。不倫が発覚した時点で、「離婚」という文字が頭をよぎるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です