『パートナーに不倫が発覚したら…離婚すべき?』


■パートナーが不倫をしている!そのときに取るべき行動とは?

結婚をしてからしばらく生活を共にしていくなかで、突然相手の言動が気になったり、変化を感じることはありませんか?
夫婦生活を共にしているといえど、昼間はお互いに仕事であったりといる場所がバラバラで、相手のことが把握できない状況であることが多いかと思います。
とはいえ結婚に踏み切るまでに信頼関係を築き上げたのですから、相手が自分の知らないところで何をしているのかいちいち疑いたくはないものですよね。
それでも、なんとなく家での態度が変わった、外出頻度が増えた、何かを隠しているような雰囲気があるなど、長く生活をしているからこそ見えてくるものもあるのではないでしょうか。
不倫は社会的にもリスクのあることですし、子どももいる家庭ではより家庭内への影響が大きくなってしまいます。
子どもがいるのであれば、夫婦関係がうまくいっていなかったり、親が不倫をしているという事実も知られたくはないですよね。
自分とパートナーの間で解決をすることができて、気づいてからすぐに不倫を終わらせることができればよいですが、ずっと関係が続いてしまっていたり、不倫を繰り返すという場合もあるのです。
不倫をする上に相手がもう自分に気が向いておらず、愛情や思いやりを感じることもないのであれば離婚をしようと思うのではないでしょうか。
しかし離婚をしたいほどの状況であっても、子どもがいるとなると踏みとどまらなければならない場合もあります。
特に家庭の経済状況が相手に依存している状況だと、簡単に相手と離れることはできませんよね。
そのような悩ましい状況から抜け出したい!そんなときはどうしたらよいでしょうか。

■離婚をする際は養育費をしっかり検討しよう

相手の不倫が原因で家庭が崩壊した場合は、不倫の相手にも損害賠償請求が発生することをご存知でしょうか。
婚姻年数が多い夫妻ほど子供の親権問題や養育費はもちろんですが、財産分与などの問題も発生します。
また、婚姻年数が少ない夫婦間の問題で特に深刻になりやすいのが低学年の子供の養育費です。
早く離婚したいからと養育費を決めないで別れた場合、子供の将来にかかる学費などで経済的に苦しむという家庭があります。
これから離婚を検討して親権を持たれる予定の方も、将来のためにも子供の養育費にかかることは、きっちり検討する必要があるといえるでしょう。
まずは公的なところで相談をして、しっかりとした判断をすることが必要です。
時間をとれないという方も24時間の電話相談などもありますので、少しでも話をしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です