復縁依頼中のNG行動


近年、復縁工作の依頼が増え続けています。「復縁したいけれど自分ではどうしたらよいかわからない。」という人のために復縁屋があります。心理カウンセリングや探偵、工作員等、プロによって集められた多くの情報。それに基づく復縁工作の成功率は非常に高いことで知られています。復縁を依頼する人にとって成功率の高さは業者選定にあたり、重要な要素でしょう。しかし、成功率の責任全てが業者側にあるとの考えは少し違います。もちろん工作を行うのは復縁業者ですから、責任の大部分は復縁業者にあるのは間違いありません。では、依頼する側の責任は全くないといえるでしょうか。それは違います。依頼する側はほんの一部にすぎないかもしれませんが、復縁成功率の一端を担っているということができます。ここでは成功率を高めるどころか下げてしまいかねない復縁依頼中のNG行動を紹介します。

■復縁をするのは自分自身「復縁を依頼したら後は勝手にやってくれる。」と思っている人がいます。復縁が人と人の感情の問題である以上、そう言った考えは正しくありません。復縁するのは自分自身であるという心を持つべきではないでしょうか。復縁工作によっても人の感情を操ることはできません。復縁はそう簡単にできるものではないのです。復縁には依頼する側の成功させるとの強い意志が必要です。主体的な姿勢が求められるのが復縁工作と考えてください。

■つらいことも受け入れる復縁工作は依頼する側はもちろん、相手側も納得したうえでの復縁を目標に行われます。たとえば、復縁の相手側が嫌々ながら説得に応じるかたちで復縁する、といったことは望みません。それは、復縁した後に再び両者の関係が悪化する恐れがあるからです。工作員が相手に接触しの依頼主に「直してほしいところ」もしくは「嫌なところ」を聞き出すことがあります。自分の欠点を指摘されれば、誰でも良い気持ちはしないでしょう。それでも受け入れて相手のために直すことが必要なのです。

■自分勝手な行動は破滅復縁への思い入れが強いあまり、早急な行動に走る人がいます。たとえば、復縁計画の途中で勝手に相手に接触したり、浮気相手に手紙を出したり。こうしたことは計画そのものをダメにしてしまう、非常に危険な行動です。恋愛は相手の気持ちあってのものです。周囲の気持ちを考えない行動は自分勝手ととられるでしょう。あなたがヨリを戻したいと考えている人の気持ちをも傷つけかねません。相手を傷つけての復縁は望めないと肝に銘じておきましょう。依頼する側と復縁業者との協力関係が整ったとき、成功率は格段に上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です