「復縁工作の基本的な相場」


・復縁工作の料金を考える大事な人との復縁を考える場合、自分でできないと考えた場合、やはり、専門の業者等にお願いすることになるのではないでしょうか。その場合、やはりいくらかかるのか気になりますよね。あまりに高額になる場合は、業者に依頼するのも考えてしまいます。復縁工作の相場というものがあれば、それが目安になりますから、復縁工作を依頼した場合に、その提示された料金について自分でもいろいろと考えることができますよね。ですが、復縁工作はその案件ごとに料金は大きく異なってしまいます。簡単に復縁できる場合もあれば、かなりの工作をかなりの期間をかけて行ったにもかかわらず、うまくいかなかったということもあります。

この2つを比べてみても、料金は大きく異なるだろうということは、素人が考えてもわかりますよね。実際に、復縁工作の実際の料金はその難易度、また、復縁工作を行う期間によって決まっています。もちろん、業者が違えばその料金も違ってきます。以前であれば、案件ごとに見積もりを行い、全く異なる金額ということになるのですが、最近は復縁工作を専門に行う業者も増えてきており、その料金の算出方法もパターン化されているのです。

・復縁工作の金額差例えば、難易度をABCDの4段階に分け、工作を行なう期間を1か月、また2〜3カ月というように分けているのです。これだけで、料金は4×2の8パターンということになります。このパターンを基本として、契約前の打ち合わせや相談の段階でどのランクに相当するかで料金が決定されるのです。この料金も上と下ではかなりの金額差があります。ですから、相場と考えるのであれば、その上と下の平均ということになるのではないでしょうか。

業者によっても多少に違いはありますが、その平均と考えれば、200万円前後が相場ということになりそうです。もちろん、実際は事前の打ち合わせで料金が決まりますから、難易度によって全く異なる金額になります。そのため、相場といっても単なる目安程度にしかなりません。相場より高ければ成功率は高くなる、また、低ければ成功率は低くなるということもありません。基本的に料金が高いほうが成功率は低くなると考えられます。それだけ難易度が高いわけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です